「初ゲストハウス」でも安心できる空間づくりに徹し、2016.08.26.OPEN!

旅人へのさまざまな《割引特典》を設けた、境港初の個性的なゲストハウス様式の宿。

JR境港駅から徒歩3分、水木しげるロードまで30秒。

「水木しげるロードを楽しむ」「『旅そのもの』を楽しむ」に拘っています!


女性の旅人や子ども連れのご家族が、安心して楽しめる雰囲気を大切に――。

宿のコンセプトとして「初めてゲストハウスを利用する女性の旅人や、子ども連れのご家族が、安心して楽しめる雰囲気づくり」に拘り、「境港・水木しげるロードと『旅そのもの』を楽しんでいただくこと」「落ち着いてゆっくり休んでいただくこと」に徹しています。

 

「――旅を愛し・知り・学び・語り合う空間――」として、特に下記のような旅人を歓迎しています!

 

●「何よりも、境港・水木しげるロードを楽しみたい!」(子ども連れ歓迎!)

●「ゲストハウスに関心はあるが、大勢の輪に入るのは苦手」(一人旅の女性など)

●「純粋に『旅そのもの』が好き」

●「公共の交通手段を使って、ゆっくり健康的に旅している」

●「旅のプランニングを一緒に考えたり、相談したい」

「これからいろいろな土地を旅していきたい」

旅や観光振興について学んでおり、全国各地の観光資料に興味がある」

「水木しげるロードの町づくりや歴史について知りたい」

 

それぞれの旅人さんが翌日以降も最大限に楽しんでいただけるよう、旅のプランニングに尽力「境港・水木しげるロードを最大限に楽しんでいただくとともに境港を拠点に、山陰の旅を満喫していただきたいという願い」を込めて接しています。もともと「旅人」として境港・山陰を何度も訪れたのをきっかけに移住しましたので「実体験を基にした『旅人目線』での案内」を、自信をもって行っております。

 

古民家を改装した建物のため、美しさやおしゃれさには欠け、設備面で若干ご不便な点もありますが、コミュニティスペースは「安らぎや落ち着きと、旅好きな人の心をくすぐる雰囲気」に満ちていると自負しております。宿内の各所に、自ら旅先で撮影した1500枚ほどの写真を貼っているほか”旅の小ネタ”も満載で「遊び心」にあふれており、「個性的でアットホームな民宿」のような要素が強い宿です。

客室は、建物自体が閑静な場所にあり、部屋もゆったり使用できるので、ゆっくりお休みいただけます。

 

水木しげるロードでは現在、日没~22時にかけて数か所で「夜間ライトアップ」を行っています。「妖怪の町」らしさを妖しく醸し出している様相を、ぜひご覧ください。また、豊富な海の幸を堪能するなら夕食がお薦め。夜や早朝の港の光景も美しく、朝は魚市場や水産物直売センターなども楽しめますので、宿泊してゆっくり過ごせば満喫感も倍増です!

さらには境港を拠点に、大山や隠岐、米子、安来、松江、美保関なども併せて山陰観光を楽しんでいただければと願っています。


≪旅人さんからのメッセージ≫

ご宿泊の旅人さんから頂いた心温まるメッセージの一部を紹介いたします(facebookページには、すべて掲載しています)。

当宿の利用者は、女性専用ドミトリーの約4割、個室の約6割が「初ゲストハウス」です。未経験者でも気兼ねなく楽しんでいただけるコミュニティスペースの雰囲気を、メッセージより感じ取っていただければ幸いです。


≪鳥取境港“縁”のセールスポイント≫

旅に対する情熱、旅人に対する愛情の証をさまざまな形で表現し、ご満足いただけるよう努めています。

女性や子どもの安心を重視

「女性の旅人や子ども連れのご家族が安心して過ごせる空間」を重視。女性専用エリアを設けています。小中学生はもちろん乳幼児も歓迎です。

旅人にはお得な料金設定

「旅人」に向けて各種の《割引特典》を設けています。「学生」「新卒社会人1年目」「女性の一人旅」などへの特典があります。

全国各地の観光資料が豊富

旅先で収集した全国各地の観光パンフレット類やフリーペーパーの量は「日本一」を自負。旅好きな人を飽きさせません。


旅のプランニングを提供

「公共交通機関で効率よく巡る方法」や「天候や季節に応じたプロデュース」など、旅のプランニングを得意としています。境港・山陰に限らず、中国地方全般や北海道・東北にも詳しく、さまざまな旅の相談にお応えできます。

ロケーションも抜群

徹底した楽しさを追求して誕生した観光地「水木しげるロード」へ、わずか30秒! JR境港駅からも3分ほどで、境水道越しに島根半島が望めるロケーションも抜群です。建物は非常に静かな場所にあるので、夜はゆっくりお休みになれます。



当宿は「旅人同士の対等性」「偶然に集う”縁”」、そして「健全さ」を重視しています。「旅そのもの」を楽しみ、水木先生の”想い”が詰まった遊び心いっぱいの「水木しげるロード」で、ゆっくりお過ごしいただくことを願っています。

 

予約・問い合わせは「文章でのやり取り」を重視し、予約成立の時点から、それぞれの旅に合わせたサポートを心掛けています旅のプランニングも承っていますので、お気軽にご相談ください(山陰以外でも構いません)。

 

「コミュニティスペース」は「境港・水木しげるロードの観光振興」と「旅の情報収集や交換、プランニング」のための空間で、「水木しげるロードの楽しさを知る」「翌日の計画を立てる」「次の旅で行きたい場所を探す」――などに尽力しています。自ら集めた観光関係の資料や書物は「日本一」を自負しておりますので、有意義にご活用ください。また、町づくりや観光振興について学んでいる人を歓迎しています。

《ブログ参照:卒業論文のテーマは「水木しげるロードの町づくり」

 

「スローツーリズム」《自己目的がある》《ゆっくり、じっくり回遊》《健康的》《マイカーを使わない》《環境にやさしい》を提唱しており、子ども連れのご家族以外は「公共交通機関で来られる人」を歓迎しています。

《ブログ参照:スローツーリズムの提唱――車を使わない旅――


≪宿名の由来≫

宿名の「”縁”」は、北海道大学のよさこいサークル「北海道大学”縁”」より、いただいております。

故郷で行われている「よさこい祭り」では北海道内のチームを招待しており、その”縁”で親交が生まれたのがきっかけです。

独特の演舞に魅了されるとともに「周りを巻き込んで楽しむ」というコンセプトに共感。いつも元気と感動をいただいており、旅を楽しんで感動を持ち帰り、鋭気を養って次の旅へとつなげてほしいと願いを込めて命名しました。

この場をお借りして、よさこいサークル「北海道大学”縁”」にお礼を申し上げます。


≪JR境港駅からの道順≫

「鳥取境港”縁”」は、JR境港駅から徒歩で約3分水木しげるロードまで約30秒の場所にあります!

公共交通機関でお越しの場合、最初の目印は、JR境港駅前にある「みなとさかい交流館」。壁面に巨大な水木作品のキャラクターが描かれており、1階に回転寿司「大漁丸」があります。その建物に向かって右側にある「鬼太郎交番」と「御宿 野乃」の間の道を直進。左側の「駅前市営駐車場」に沿って150メートルほど歩くと道路に出ます。横断して「元気亭」と「山石産業」の間の道を入ると、右前に青い看板のカフェがあり、その隣が当宿です。

駅前から「水木しげるロード」を歩かれる場合は、「河童の泉」がある信号交差点を渡って左折し「元気亭」の手前で右折してください。

※建物の構造上、ナビゲーションや検索ソフトによっては「正しい番地(59-1)」では位置が表示されない場合がありますので、ご注意ください。

 

【米子・松江からのアクセス】

米子鬼太郎空港から境港までは、JRで約15分(片道190円)、はまるーぷバスで約30分(片道100円)。

松江駅から境港までは、直行バスで約40分米子駅から境港までは、JR境線で約45分です。